ヘアケアの基本


ダメージヘアーの原因は、パーマや縮毛矯正、ヘアカラーと分かっていても、髪のオシャレも楽しみたい女性には、特に難しいですよね。そこで大切なのがヘアケアなのです。
ここでは、基本的なヘアケア方法および、髪質別の注意点をご紹介します。

◆基本的なヘアケア方法
方法➀ 髪を洗う前のブラッシング
 髪をシャンプーする前に、しっかりブラッシングすることによって、絡まった髪を整え、髪に付いた汚れを取り除き、シャンプーするときの負担が減らせます。
 また、地肌のマッサージ効果があるので、血行が良くなり健康な髪が作られます。
方法➁ シャンプーとトリートメントのポイント
 シャンプーするときには、シャンプーを泡立ててから、髪をゴシゴシ洗うのではなく、指先で地肌をマッサージするように洗いましょう。
 トリートメントは付けた後、5~10分程度おいておくと効果的です。
方法➂ 髪を痛めないドライヤーの使い方
 ドライヤーの温風で乾かした後、最後は冷風を使うことによって、髪の表面のキューティクルが引き締まり、艶のある髪を手に入れることができますよ。
方法➃ 髪を乾かす前と後にオイルを塗る
 最も乾くのが早い毛先は、ドライヤーの熱で傷みやすいので、髪を乾かした後だけでなく、乾かす前にもオイルを塗っておきましょう。熱から髪を守ることが出来ます。

◆髪質別ヘアケアで注意する事
➀くせ毛
 くせ毛は、濡れたまま寝ないことが重要。傷む上に、うねった状態で乾いてしまいます。
➁ダメージヘアー
 毛の痛みがひどいなら、パーマやカラーリングは控えて。ダメージ部分はできるだけカットしましょう。
 シャンプーの時は、毛をこすり洗いしないように。
➂硬い
 髪質は変えることが出来ませんが、縮毛矯正やヘアアイロンで、ボリュームを抑えるだけでも控えめな印象になります。


髪の毛のお手入れは肌と同じように、一度やって終わりという訳ではなく、毎日の積み重ねがとても大切なのです。正しいヘアケア方法を知って毎日の習慣になれば美髪への道も遠くはありませんね。